12月 16

フロアコーティングに憧れる人はいますが、
その中にはなかなか実行できないという人もいます。
どうして実行できないのか
というといくつかの理由があったりするのですが、
その内の1つにはフロアコーティングに使う
コーティング材が安全なのかわからない
ということです。
主に安全かどうか気になる人というのは
小さなお子さんやペットを室内で飼っている人です。
もし自宅でフローリング部分に口がついてしまった場合に、
身体に何らかの害を与えないのだろうかと心配になってしまうのです。

そのためフロアコーティングを出来ないという人も大勢いるのですが、
きちんとしたコーティング材を選べば問題ありません。
私たちが普段身につけているものの中には、
コーティング材と同じ素材のものというのもあります。
例えばコンタクトレンズをつけている人が多いのですが、
コンタクトレンズはシリコンで出来ています。

シリコンは身体に直接触れていても、全く問題がないと言えます。
このシリコンを使ったコーティング材というのがあります。
シリコンタイプのコーティング材
というのは害を与えないという安全性もありますし、
それ以外にも効果というのはたくさんあります。
シリコンというのは弾力性があるのですが、
劣化しにくいという性質も持っています。
ですから一度コーティングを行えば、
数十年もつとも言われています。
それ以外に熱が強い
ということで調理器具にも使われていたりするのですが、
コーティング材としては膨張しにくいという事があります。

11月 18

フロアコーティングの評判が良い
ということで、
生活を開始する前の新居に工事をする方々も増えてきています。
新居の場合は、
住宅メーカー側で仕上げのワックスがけをしてくれることもあります。
しかしフロアコーティングをする際には
せっかく塗ったワックスを剥がす作業を要する場合もありますので、
フロアコーティングの工事業者に確認した上で
ワックスがけ不要という調整をしておくことが
理想的だと考えられています。

新居と言われる新築一戸建や
新築マンションに施されるフロアコーティングは、
住宅に入居する前の状態の床を簡単に保ち続けられる
というメリットがあります。
そしてその効果は10年から20年続きますので、
住居購入費用にフロアコーティングの金額を盛り込むことも
良い方法のひとつになるようです。
新居で生活を始めた当初は床を綺麗な状態に保つ
努力をする方々も多いですが、
長年暮らしているうちに水や食べこぼしなどをしてしまうのは
避けられないとも言われています。

しかしフロアコーティングを施した床は、
耐水性、耐薬品性、耐熱性などにも優れていますので、
想定外という形で何かをこぼした時も焦ることなく
タオルなどで拭き取る作業だけで良い
という素晴らしいメリットがあるようです。
床を綺麗な状態に保つ為に神経質になるのは、
とても大変なことだと言えます。

そして子供達がいる家庭であれば、
子供達を含めた家族みんなにやさしく衛生的な床を維持する為にも、
新居の床にコーティングをすることは
理想的だと言えるのではないでしょうか。

10月 7

フロアコーティングの大敵と言えば、窓から入ってくる紫外線があります。
紫外線はフロアコーティングの表面を劣化させ、
フローリングに大きなダメージを与えます。
長い期間紫外線に当たることでフローリングが変色し、
光沢もなくなってきます。

この紫外線による劣化を最大限防ぐのがUVカットフィルムです。
UVカットフィルムを窓ガラスのガラスの部分に貼ることによって、
99パーセントの紫外線をカットできますので、
フローリングの寿命を伸ばす効果があります。
また、フローリングだけでなく、

紫外線に弱い家具や壁紙の変色も抑える効果があるので、
非常に有効な手段と言えます。
さらに、UVカットフィルムをガラスに貼ることで、
万が一窓ガラスを割ってしまったときでも、
ガラスの破片の飛散を防ぐので、安全性も向上するでしょう。
そして、紫外線は人体にも悪影響を及ぼすこともあります。

紫外線を浴びた皮膚は肌の弱い人はやけどの状態になり、
シミやしわの原因にもなります。
このように、UVカットフィルムは美容や健康のためにも役立つでしょう。
フィルムを家の内側から窓ガラスに貼り付けるので、防犯にも期待でき、
ガラスを破って侵入することを難しくする効果もあります。

5月 15

フロアコーティングの技術は、
親の代から存在している家の床材を守る為に
利用される傾向も出てきています。

新築マンションや新築一戸建にフロアコーティングを施工すれば、
全く汚れていない状態の床を長年保てるメリットが出てきます。

しかしフロアコーティングの技術は新築物件だけで施されるものではなく、
古くなった床材の損傷をストップさせるという点で
利用されることも多いのです。

あまりにも損傷が酷い床は、床材の張替え工事も行わなくてはなりません。

しかし多少の傷があるだけという状態の床であれば、
傷の補修をするだけでフロアコーティング工事に入ることが可能なのです。

そして床の張替えをした場合でも、
新しくなった床にフロアコーティングをすれば
それ以降の10年から20年間は良い状態のフローリングで
暮らすことが出来るようになります。

親の代からある古い住宅に住む方々は非常に多く、
ある程度の年数が経つとリフォームという形で
綺麗で住み心地の良いスタイルに少しずつ変えられていきます。

リフォーム工事は生活に使っている物や
家具家電の移動をする必要があるということも考えられますので、
リフォームの機会にフロアコーティング
一緒に行うことは良い方法のひとつと言えるのではないでしょうか。

親の代から存在している古い住宅に住み続けることは、
御先祖様も喜ぶ素晴らしいことです。

そしてその住宅の一部となる床を大事にする為にも、
フロアコーティング工事は必要と言えるのではないでしょうか。

5月 14

エコテックのUVフロアコーティングは、
施工後の簡単なメンテナンスで長い間フローリングを保護する性能があり、
非常に美しい光沢も魅力です。

耐久性の高いコーティング面で長期に渡りフローリングを傷や汚れから守り、
その美しさは部屋のインテリアを引き立てる効果もあります。

UVフロアコーティングの有効な特徴としては、
施工時に紫外線を照射することでUVコーティング塗料がすぐに効果するので、
他のコーティングのように乾燥する期間を必要としないので、
施工後すぐにそのフロアを利用することができます。

つまり、施工したその日のうちに
家具の配置などの生活の準備ができるわけです。

これはユーザーにとって非常にメリットがあることでしょう。

エコテックのUVフロアコーティングは耐久性が非常に長く、
20年の長期保証もあります。

この期間を考えれば、コストパフォーマンスも高く、
長期的に見ればローコストになります。

一度コーティングを施せば、汚れが落としやすくなるので、
簡単な拭き掃除だけで清潔さを維持できるのも魅力です。

また、傷が付きにくいのも生活の中でメリットとなるでしょう。
使用するUVコーティング剤は有害物質を含んでいませんので、
安全性も高いコーティングです。

4月 24

フロアコーティングには、
名称に裏白という言葉が付いている種類もあるようです。

裏白というフロアコーティングでも、
一般的なフロアコーティングと同じような効果があると考えられています。

一般家庭で容易に活用出来るのは、
ホームセンター等で購入出来るワックスです。
そして掃除や家事の一環として、
ワックスがけをしている方々もいるようです。

しかしワックスは一定期間が経つと、剥がれてしまう
という難点があります。
そして数カ月おきに塗り直しが必要になる
ということで、億劫さが出てきてしまうと言われています。

ワックスにはフロアコーティング程の効果がありませんので、
ワックスがけの億劫さや床材の保護が出来ない
というポイントでフロアコーティングに着目する方々も多くいるようです。

フロアコーティングにも様々な種類がありますが、
裏白と呼ばれるものを希望する場合にはフロアコーティング業者に問合せをしてみることが大事です。
これは他のフロアコーティングにも言えることですが、
この工事には工法や樹脂がありますので自分の予算やニーズに合ったものを選択することが重要だとされています。
そして見た目の美しさや感覚的な部分も非常に大事ですので、
フロアコーティング業者のショールームに行ったりサンプルを送ってもらうことも理想的な床を目指す為には必要と言えることではないでしょうか。

このような理由から、
日々抱えている床への不満や悩みを解消する以上に暮らしを快適にする役割と効果があると考えられているようです。

4月 9

 名古屋には、
予算や目的に応じてフロアコーティングの種類が選べる業者があります。

この業者では、
ウレタン樹脂の一般的なコーティングから、
シリコンを多く含有する塗料を使ったコーティング、
UVコーティング、
ガラスコーティング
の4種類から、
予算と目的に応じたコーティングの種類を選ぶことができます。

この名古屋の業者では、
一般的なウレタン樹脂のフロアコーティングをするときは、
塗り重ねをすることで強度をアップさせています

ここでは、体育館のフローリングにコーティングをするときと同じように、
3回塗り重ねをして、フロアのコーティングをより長持ちさせています。

また、シリコンを多く含む塗料のコーティングを選べば、
水や油を強力にはじくことができるようになりますので、
毎日の床のメンテナンスが楽になります。

このような塗料を使って水回りや風呂場などの床をコーティングしますと、
水をはじくようになりますので床をより長持ちさせることができるようになります。

またUVコーティングやガラスコーティングをしますと、床が摩耗に強くなり、
耐久性が格段にアップします。

また、これらのコーティングは水や薬品にもとても強い耐性を示すほか、
熱にも強いです。

3月 29

キッチンなどがフローリングになっていますと、
積極的にフロアコーティングを利用していくべきです。

長期的な利用になりますし、ハードな利用もされます。

またものをおとすこともありますので、
フロアコーティングでしっかりとフローリングを守っていくことが必要になります。
お皿などを落としてしまったとしましても、
フロアコーティングでしたらフロアを守り抜いてくれるのです。
特に管理も必要になりませんので安心であるといえるでしょう。
ただし、キッチンといいますと洗剤というものがあります。
その洗剤につきましては、
研磨剤というものが含まれていることがあります。

研磨剤が含まれていることでしっかりと汚れを落とすことができるのです。
そういったものフローリングの上に落ちたりしますと問題になってしまうこともあるのです。
その研磨剤を取り除こうとしまして、
いきおいよく拭き取ってしまいますと、
フロアコーティング剤を傷つけてしまうこともあります。

ですので、まずはしっかりとつまむようにしまして、
研磨剤が含まれた薬剤を取り除きます。

そしてなるべくこすらないようにして、
その薬剤をふき取るようにしていくべきです。
フロアコーティングによりましては研磨に強いタイプもありますが、
やはり気をつけていくのが安全策です。

3月 29

どんなことであっても値段がある程度高ければ、
購入したりお願いする前には検討をする必要があります。
どのようなことをお願いする時に検討をする必要があるのか
というと、この頃では住宅に関することが多いです。

特にリフォームの場合はどの程度まで行うか
ということで値段というのは変わってきます。

そのため把握をするためにも必ず見積りを要求する必要があります。

リフォーム会社でもフロアコーティングをしていることがあるので、
そちらでも見積もりを出してもらうことが出来ます。
ではフロアコーティングはどうなのか
というと、もちろん見積りを要求した方がいいです。

どうして見積りが必要なのか
というと、まずは比較をする材料にするということです。
フロアコーティング
というのは決して安い値段で行えることではありません。
どの会社にお願いするのか
ということは、けっこう悩んでしまうという人が多いです。
しかしその場合もし検討する比較材料がなければ、考えようがありません。
ですから見積りを出してもらって、それで比較をするのです。
しかしこの時に気をつけておかなければいけないことは、
見積りを要求する場合には全て同じ条件にするということです。

どの程度の範囲を行うのか
ということ以外にも、どのコーティング材でお願いするのか
ということでも値段が全く違ってきます。
もしその会社で扱っていないコーティング材であったら、
その場合は同じような値段かグレードが同じ物を選べばいいのです。
そうするとどれも条件が同じになりますから、比較をしやすい
ということになります。

3月 27

フローリングの部屋
というのはマンションなどで特に多くなっているのですが、
その時に困るのがペットを飼っている人です。

犬や猫を飼っている人にとってはフローリングの場合傷がついてしまう
ということが悩みになります。
しかしその場合はフロアコーティングをすれば大丈夫です。
昔はフローリングと言えばワックスをする
というのが定番でしたが、
ワックスの場合はペットがその上で滑ったりするのであまり好きではない
という人もいました。
ですがフロアコーティングの場合は滑る心配というのはありません。
コーティング剤の中にはシリコンのコーティング剤
というのがあるのですが、シリコンの場合はペットでも人間でも滑る
ということがありません。
シリコンというのは弾力性があるのでその上を歩いていても足がひっついているような感覚になります。
ですからペットが歩いたとしても転ぶ心配がなくなるのです。
またペットがコーティング剤の上で生活しているとアレルギーなどが心配
という人がいますが、
シリコンのコーティング剤であればその問題も大丈夫です。

シリコンというのは天然の材料ですからとても自然的です。

そのためどんなにペットがコーティングの上で歩いたとしても、
全く心配はいりません

ですからペットを飼っている
という場合はシリコンのコーティング剤がおすすめになります。
シリコンの場合は他のコーティング剤に比べると価格の面ではそこまで高くなかったりするので、
そこらへんでも安心してお願いできます。

« Previous Entries